海老名の土地のようす

(たかいとちのようす)

海老名市の北部(ほくぶ)は、高さが60メートル〜70メートルの台地になっていて、
市内でいちばん高いところです。
秋葉山(あきばやま)とよばれるこの場所は、木々が多く、自然(しぜん)がたくさん
のこっているところです。
       


秋葉山古墳群 (あきばやまこふんぐん)

秋葉山には、4〜5世紀につくられた古墳(こふん)が
4つものこっています。
古墳とは、その土地の支配者(しはいしゃ)のお墓(はか)
のことで、秋葉山のものは前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)
という形と、円墳(えんぷん)という形の2種類の形のお墓が
あります。