台地のようす

(ひくいとちのようす)


高さが20メートルよりひくい土地は、海老名市の西がわ
に広がっています。
海老名耕地(えびなこうち)とよばれ、昔から米づくりに利用
されてきました。
今でも、中新田(なかしんでん)から社家(しゃけ)、門沢橋(かど
さわばし)
にかけて一面の水田が広がっています。
中新田の近くの水田のようす
社家地区の稲刈り(いねかり)のようす
水田の中にたちならぶ温室(ハウス)  

     社家から有馬地区にかけては温室栽培がさかんで、大きな温室がずらりとならんでいます。
     この温室では、イチゴやメロンなどのフルーツやカーネーションやバラなどの花などが育てられています。